ICTによる地方創生の町

自由と自然と活気を兼ね備えている上士幌町

北海道河東郡にある自然に恵まれた町

上士幌町は、日本一広い国立公園と言われている大雪山国立公園の東山麓に位置しています。

町の面積のうち、約80%が山地と原野が占めているという自然豊かな町です。

平坦地が少なく、町の南部は緩やかな傾斜を持つという平坦かつ丘陵性の地形が特長です。

上士幌町の人口は、1955年(昭和30年)には、13,608人ともなりました。しかし都市部からやや離れているということから、その後は減少が続き、2015年(平成27年)には、4,765人と大きく減少しました。

そうしたことから上士幌町は、積極的にさまざまな対策をとったのです。

ふるさと納税の活用、こども園の保育料の一部無料化から完全無料化など、積極的に施策した結果、2016年(平成28年)には、人口約5,000人近くまで増加に転じました。

上士幌町と歩んできた歴史文化

道の駅
北海道河東郡上士幌町 総面積 695.87k㎡
山林 531.52k㎡(76.4%)
農用地 100.00k㎡(14.4%)
原野 22.11k㎡(3.1%)
牧場 16.66k㎡(2.4%)
宅地 4.35k㎡(0.6%)
雑種地 3.26k㎡(0.5%)
その他 17.97k㎡(2.6%)
上士幌町から主な地域への距離&所要時間
帯広市 40.7㎞ 49分
とかち帯広空港 66㎞ 1時間10分
札幌市 226㎞ 約3時間10分
富良野市 122㎞ 2時間13分
旭川市 160㎞ 2時間53分
網走市 147㎞ 2時間32分
釧路市 112㎞ 1時間53分

車と公共機関の移動時間の違い