環境に優しさあふれる安全運転

車から排出されるCO2(二酸化炭素)の量を極力少なく抑えるために、次の10項目を念頭において運転するように心がけましょう。

これらは安全運転にとっても極めて重要な事柄です。

ふんわりアクセル『eスタート』

普通の発進より少し緩やかに発進する(最初の5秒で時速20キロが目安です)だけで、11%程度の燃費が改善します。

やさしいアクセル操作は安全運転にもつながります。時間に余裕をもって、ゆったりした気分で運転しましょう。

加減速の少ない運転

車間距離に余裕を持つことが大切です。

車間距離を詰めたり、速度にムラのある走り方をすると、加減速の機会も多くなり、その分市街地で2%程度、郊外で6%程度の燃費が悪化します。

また、同じ速度あれば、高めのギアで走行する方が燃費がよくなります。交通の状況に応じて、できるだけ速度変化の少ない安全な運転をしましょう。

早めのアクセルオフ

エンジンブレーキを使うと、燃料の供給が停止される(燃料カット)ので、2%程度の燃費が改善されます。

停止位置が分かったら、早めにアクセルから足を離して、エンジンブレーキで減速しましょう。

また、減速時や坂道を下る時にはエンジンブレーキを活用しましょう。

エアコンの使用を控えめに

気象条件に応じて、こまめに温度や風量の調整を行いましょう。

特に夏場に設定温度を下げすぎないことがポイントです。外気温25℃の時にエアコンを使用すると、12%程度の燃費が悪化します。

アイドリングストップ

10分間のアイドリング(ニュートラルレンジ、エアコンOFFの場合)で、130㏄程度の燃費を浪費します。

待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の際にはアイドリングを止めましょう。

暖気運転は適切に

現在販売されているガソリン乗用車においては暖気不要です。寒冷地での厳冬期など特別な状況を除き、走りながら温めるウォームアップ走行で充分です。

暖気することにより走行時の燃費は改善しますが、5分間暖気すると、160㏄程度の燃料を浪費しますので、全体の燃料消費量は増加します。

道路交通情報の活用

1時間のドライブで、道に迷って10分余計に走行すると14%程度の燃費悪化に相当します。

地図やカーナビを利用して、行き先および走行ルートをあらかじめ計画し、準備をしましょう。

また、道路交通情報チェックをして、渋滞を避ければ、燃料と時間の節約になります。カーナビやカーラジオ等で道路交通情報をチェックして活用しましょう。

タイヤの空気圧をこまめにチェック

タイヤの空気圧が適正値より50kPa(0.5㎏/㎠)不足した場合、市街地で2%程度、郊外で4%程度、それぞれ燃費が悪化します。また、安全運転のためにも定期的な点検は必要です。

不要な荷物は積まずに走行

100㎏の不要な荷物を載せて走ると、3%程度の燃費が悪化します。車の燃費は荷物の重さに敏感です。

運ぶ必要のない荷物は、車から下ろしましょう。

駐車場に注意

交通の妨げになる場所での駐車は、交通渋滞をもたらし、余分な排出ガスを出させる原因となります。平均速度が時速40㎞から時速20㎞に落ちると、31%程度の燃費悪化に相当するといわれています。